サイト名称変更のお知らせ

【HTML/CSS コーディング練習】初級編:コーポレートサイト/1カラム

練習方法

コーディング練習は、「模写コーディング」と「デザインカンプからのコーディング」が行えます。

①模写コーディング
「デモサイト」を見ながら同じサイトを作るコーディング練習です。実際のサイトで動きが確認できるのでコーディング初級者におすすめです。
②デザインカンプからのコーディング
「仕様」と「デザインデータ」をもとにサイトを作るコーディング練習です。実務と同じ条件でコーディングを行うのでより実践的です。

完成イメージ

▼PC表示

▼スマホ表示

コーディング練習をはじめよう!

課題内容

渋谷のWeb制作会社がコーポレートサイトを作るとのことでコーディングのお手伝いをします。事業内容や会社情報などを簡単にまとめたLPタイプのWebサイトです。

設定単価

コーディング1ページ:5万円

素材(画像)

素材をダウンロードする

デザインデータ(XD、Figma)

Adobe XD デザインカンプ
XD(WEB版)
XD(ダウンロード版)

XDからのコーディング方法はこちら

Figma デザインカンプ
Figma(ダウンロード版)

Figmaからのコーディング方法はこちら

※ダウンロード版のファイルを開くには、ツールのアカウントまたはインストールが必要です。

コーディング仕様

コンテンツ幅
メインビジュアルとAboutは全幅で他は1000pxです。
ヘッダー
右上の「お問い合わせ」ボタンは、スマホ表示の場合は非表示にします。
メインビジュアル
全幅で高さは画面下に合わせます。
各セクションのタイトル
英字タイトルと日本語タイトルで記述します。
英字タイトルは「letter-spacing」で文字の間隔を少し広くします。
News
ニュースエリアを3分割して、間に罫線を引きます。
日付はtimeタグを使用してみましょう。
About
全幅で表示します。
画像の高さは400px固定です。
Business
高さをずらした横並び配置です。
スマホ表示の画像の並び順を確認した上で、適切なコーディングを考えてみましょう。
Company
横幅は1000pxで、画像を上に重ねます。
画像の高さは400px固定です。
レスポンシブ
ブレークポイントは900pxです。

コーディングに迷ったらヒントをみよう!(レイアウト構成)

コーディングで悩んだ場合は、下記のレイアウト構成の組み立て方を参考にしてみてください。
サイト全体と各パーツのレイアウト構成について解説しています。

コーディングが完了したら確認しよう!

コーディングが完了したら、下記の「デモサイト」と「ソースコード」を参考に、自分の作ったサイトとコードをチェックしてみてください。

デモサイト

デモサイトと自分で作成したサイトを比較して、デザインや動きなどをチェックしてみましょう。

デモサイトはこちら

ソースコード

コーディング例です。コーディングの方法は1パターンだけではないので、あくまでも参考として自分のソースコードと比較しながらチェックしてみましょう。

ソースコードはこちら

参考(模写コーディングの手順)

模写コーディングのやり方に迷った方は、こちらの模写コーディングの手順を参考にしてみましょう。

習慣化がゴールへの鍵

コーディング練習は継続することで必ずゴールへ到達するため、「習慣化」が非常に大切です。
コーディングの習慣化にX(旧Twitter)がすごく役に立つので、その活用方法について解説しています。

プロ向けのコーディング練習

プロ向けのコーディング練習は、実案件をモデルにした仮想の案件でコーディング練習を行う Codejump Pro をおすすめします。

中級編〜上級編のコーディング練習が終わり、実践での腕試しまたは実務を想定したコーディング練習のステージへ進む方は、Codejump Proにトライしてください。

Codejump Pro の詳細はこちら

関連記事

コーディング練習一覧

【入門編】基礎学習を終えた後のウォーミングアップ用の練習サイト

【初級編】簡単なHTML、CSSでできるシンプルな練習サイト

【中級編】少し複雑なHTML、CSS、JavaScriptを使用した練習サイト

【上級編】難易度の高いHTML、CSS、JavaScriptを駆使した練習サイト

【番外編】Webサイト制作でよく使う技術を練習